中国アプリ

WeChat(微信)使用方法完全版。これで誰でも簡単登録。

いらっしゃいませ。
HEMULEです。
今回は『WeChat(微信)』の使用方法に関してご紹介します。

『通話やチャットで10億人と繋がろう』がキャッチコピーのWeChat。
LINEの中国版というのが一番伝わりやすいと思います。
こちらを使用すれば、LINE感覚でチャット、通話が可能です。
もちろん日本でも使用が可能です。

今回は日本滞在者向け、中国へ旅行、出張者向けへの説明となっています。
では、早速使用方法を説明していきます。

目次

【初期設定】ダウンロード及び登録

まずアプリストアで「WeChat」をダウンロードします。
ダウンロード・登録は無料です。
下記アイコンからダウンロードできます。

アプリを起動します。ここで開始画面が表示されます。

登録を選択し登録情報の入力画面に移します。
Facebookアカウントと連携して登録することもできますが、
今回は電話番号の登録方法で説明します。

画面右下の『登録』を押して下さい。
すると、下記画像が表示されます。

アイコン、氏名、地域、電話番号、パスワードを登録します。

アイコン登録

画面中央のカメラの絵になっている箇所をタップして、アイコン設定をします。
「写真を撮る」、「写真から選択」どちらでも設定可能です。
カメラロールの中から選択の場合は
写真やカメラのアクセス許可を求めるメッセージが表示されるので
「OK」をタップしてから、画像選択します。

名前登録

本名でもニックネームでも登録が可能です。
名前は後からでも変更は可能です。

地域登録

ここは日本で登録します。

電話番号登録

国番号を「+81」になっているか確認し、SMSがつながる電話番号を登録します。
(中国の携帯電話で登録する場合は国番号は「+86」です。)

パスワード設定

パスワードは英数字で8文字~16文字の長さで入力します。
こちらのパスワードはログイン時に必要なパスワードです。

全ての入力が完了すれば『次へ』をタップします。

【初期設定】セキュリティー設定

続いてセキュリティー設定をします。
まず下記画像が表示されます。

一読した上で、『上記の条件を読み、同意しました』にチェックを入れ『次へ』をタップ。
セキュリティチェックの画面のなります。

開始をタップします。
画面が切り替わり、穴空き画像が表示されます。

緑のボタンをスライドさせてパズルを完成させます。
画面が切り替わります。

先ほど登録した携帯電話番号にSMSが送られてきます。
そのメールに記載されている4ケタのコードを入力し『送信』をタップします。
これで初期登録は完了となります。

【初期設定】友達追加設定

初期登録後、下記画面が表示されます。

「OK」をタップすると、スマホの電話帳がWeChatのサーバーに送信され、
Wechatに登録している友人を自動的に検索してくれます。
「許可しない」の場合、自動検索は行われません。直接相手と連絡先交換が必要です。
「OK」タップ後画面下の連絡先アイコンをタップします。

画面が切り替わります。

右上の「タップして友人を追加」アイコンをタップすると、
連絡先から検索した友人の一覧が表示されます。

この中から友人に追加したい人を選んで「追加」をタップすると、
相手側に友だち追加依頼のメッセージが送られます。

スポンサーリンク

メッセージを送る

一般チャット

連絡先を開き、メッセージを送りたい相手をタップします。
すると下の画面が開きます。

「メッセージ」をタップします。
下画像の黒〇で囲ったところをタップして、メッセージを入力し「送信をタップ」します。
絵文字やスタンプは顔マークアイコンをタップすれば選択できます。
※アイフォンの場合、文を改行するには入力スペースを長押しすれば改行が選択できます。

これでメッセージが送信されました。
※LINEと違い既読表示機能はありません。

グループチャットを送る

複数人でグループを作り、一つのチャットルームで全員がチャットをする事ができます。
連絡先又はチャット画面の右上にある+のアイコンをタップします。

画面が切り替わりますので「新規チャット」をタップします。

グループに入れたい人物にチェックを入れます。

最後に右上の「OK」をタップしグループ作成が完了です。
作成したグループは「チャット」ページに表示されています。
メッセージ送信方法は同じです。

音声メッセージを送る

文字ではなく、音声でメッセージを送る事ができます。
メッセージ入力スペースの左のスピーカーのマークをタップします。
すると、入力スペースに「押したまま話す」と表示されます。

指示通り押したままメッセージを話して下さい。
離すと音声メッセージが相手に送信されます。

メッセージに添付する

メッセージで写真や居場所、連絡先、お金(元)など添付する事が出来ます。
※お金(元)添付は別途Wechat Payの登録が必要です。

メッセージ入力画面の右下の+マークをタップします。
下記画面表示されます。

◆アルバム

アルバムをタップすると携帯に保存されている画像を送る事ができます。
一度に送れる枚数は9枚までです。
送信ボタンの隣にある「完全な画質」をタップすれば、保存されている画像そのままの
画質で送信できます。選択しない場合は圧縮され画質が低下した状態が送信されます。

◆カメラ

直接撮影をして画像を送ります。
撮影後、画像が表示されますのでOKの場合、レ点をタップすれば送信できます。
撮り直す場合は一番左のリターンをタップし、再撮影します。
尚、撮影した画像は真ん中の三本線アイコンをタップすれば、編集が可能です。

◆動画呼び出し

このアイコンをタップすると、無料TV電話が可能です。
使用容量が大きい為、通信を安定さす為にもWi-Fi環境下で通信する事をオススメします。

◆呼び出す

このアイコンをタップすると、無料通話が可能です。
使用容量が大きい為、通信を安定さす為にもWi-Fi環境下で通信する事をオススメします。

◆場所

このアイコンをタップすると、「場所の送信」または「リアルタイムの場所」の
送信が出来ます。
「場所の送信 」は指定した場所のマップを相手に送ります。

受け取った側は、このマップをタップすればマップが開き、ナビとしても使用できます。

「リアルタイムの場所」はお互いが今どこにいるのかマップ上に表示されます。
こちらの要請を相手側が承認しないと相手の表示はされません。

終了する時は、左上の電源アイコンをタップして終了します。

◆ラッキーマネー

紅包で相手にお金(元)を送る事ができます。
(日本で言う、御祝儀、おひねり、金一封みたいなものです。)
ラッキーマネーアイコンをタップします。

それぞれの金額のところに送りたい金額を入力します。
「Best Wishes」欄にタイトルを入れる事もできます。
例えば、誕生日おめでとう!など。
入力に間違いがなければ、「ラッキーマネーを準備する」をタップします。

指紋確認画面になりますので、指紋を読み取らせます。
または、右上のパスワード(繋げているカードの暗証番号)入力でも可能。
相手が受け取れば開封済みと表示されます。

※こちらの機能はWechat payを登録していないと使用できません。
またこちらが登録していても相手側がしていない場合も使用できません。

◆送金

相手にお金(元)を送る事ができます。
方法は「ラッキーマネー」を送る手順と同じです。
同じく、Wechat payを登録していないと使用できません。
またこちらが登録していても相手側がしていない場合も使用できません。

相手側が受け取れば、「相手側承認しました」とメッセージで通知が来ます。

◆お気に入り

Wechatにお気に入り登録されているデータを選択して相手側に送る事ができます。

◆連絡先カード

相手側に自分のWechatに登録されている人物の連絡先を送る事が出来ます。

◆ファイル

Wechat内に保存されているファイルを相手に送る事ができます。

スポンサーリンク

メッセージを受け取る

メッセージを受け取る

相手からメッセージを受信すれば、通知されます。
音声メッセージはスピーカーマークをタップすれば聞く事が出来ます。
画像や動画を受信した際、タップしデータを開き長押しする事で
画像の保存や転送など選択できます。

ラッキーマネー、送金を受け取る

◆ラッキーマネーを受け取る

紅包をタップします。

紅包が表示されるので、開くをタップしてお金を受け取ります。
受け取ったお金はウォレットに保存されます。

◆送金を受け取り

送金を受信したら「あなたへの送信」をタップします。

画面が切り替わるので、領収書を確認をタップします。
これで受け取り完了です。
受け取ったお金はウォレットに保存されます。
尚、受け取り期限は受信してから24時間です。
24時間内に受け取り処理をしない場合、相手に返金されます。

WeChatIDを登録する

WeChat には自分のIDがあり、離れたところにいる友人を追加したりする時などに
使用します。
まず本人アイコンをタップします。

1番上の自分のアイコンと名前が表示されている行をタップして、
マイプロフィールを表示します。

次に、WeChat IDの欄をタップします。
(設定していなければランダムな英数字が表示されています)

WeChat IDを英数字で入力します。
確認メッセージが表示されるので、スペルミスなどがないか確認しましょう。
WeChat IDは一度設定すると変更できないので、よく考えて登録しましょう。


WeChat IDの設定が完了すると、マイプロフィールページにWeChat IDが表示されます。

連絡先の追加

Wechat画面右上の+アイコンをタップします。
「連絡先の追加」をタップします。
追加方法の選択画面が表示されます。

WechatID/電話番号で追加

相手のIDまたは電話番号を入力し検索して友達申請を行います。
相手側が承認すれば友達に追加されます。

友人の招待

Wechatアカウントを持っていない友人に、アプリを紹介するときに使えます。

メッセージ・・・相手の電話番号しか知らないとき、SMSを送ることができます。
Eメール・・・電子メールで招待状を送る事ができます。
Facebook・・・Facebookで繋がりがあるなら送る事ができます。
Twitter・・・Twitterで繋がりがあるなら送る事ができます。

友人を探す

すぐ近くに連絡先を交換したい人がいる場合、二人でこの画面を開いて同じタイミングで
行えば素早く追加する事が可能です。

非公開グループ

この機能は近くにいる友人と即席のグループチャットを作成します。
適当に4桁の数字を決めて、メンバーに伝えます。
メンバーは同じ画面を開いて、数字を入力する事でグループ作成が可能です。
例えば10人程のグループを作成する際、IDを聞きまわって入力していくのが
大変ですので、こちらの機能を使用すれば便利です。

スキャン

相手のWechatアカウントのQRコードを読み取り登録する方法です。
「自分のQRコード」を選択すれば、自分のQRコードを画面に出して、
相手のスマホで読み取ってもらい登録してもらう事も出来ます。

携帯連絡先

自分の携帯電話に入っている連絡先と、同期させるための機能です。
登録されている人の中で、Wechatアドレスを持っている人を追加することができます。

公式アカウント

企業や官公庁の公式アカウントを追加するための機能です。

We Chat Work連絡先

We Chatのビジネス版を使用されている方のみの検索方法です。

発見ページ

モーメンツを見る

◆facebookやtwitterのように写真やテキスト、位置の共有が可能。
◆facebookのように共有する範囲や共有しないリストを選んで共有ができる。
◆facebookのような”いいね”の機能とコメント機能がある。
◆他のアプリから音楽や動画写真などを対応アプリから共有できる。

この発見ページのモーメンツには友達が投稿したタイムラインが表示されます。

モーメンツにアイコンと赤印が表示されていたら、新規投稿があるという事です。
タップしてみましょう。

友達登録している人がアップした内容がタイムラインに表示されています。
「・・」をタップすれば、「いいね」やコメントを送信できます。
この自分が送った、「いいね」やコメントは共通の友達には表示されます。
友達でない場合は表示されません。

要は、繋がっていない人にはこちらの行動は表示されないという事です。

モーメンツを投稿する

◆画像、動画添付モーメンツ投稿方法

本人アイコンをタップします。

自分の投稿をタップします。

マイモーメンツを選択します。

カメラのアイコンをタップします。

添付したい画像を撮影または、ファイルから選択します。
コメントを入力します。

場所:投稿している場所を選択し、投稿に表示ができます。

共有する:投稿した内容を誰のモーメンツに表示するか選択できます。
表示したくない相手も選択できます。
特に設定をしなければ、友達全員のモーメンツに投稿が表示されます。

※表示したくない相手を選択た場合相手側に表示はされませんが、
 相手側が直接自分のモーメンツを見に来た場合は閲覧されます。

@言及:twitterの@機能と同じで特定の人に向けて投稿する場合は@指定すると相手に
通知が行くので気づいて欲しい投稿などで使いましょう。

◆コメントのみ投稿方法

発見アイコンをタップします。

モーメンツをタップします。

右上のカメラアイコンを長押しすると、コメントのみの投稿ができます。

その他発見ページ機能紹介

◆スキャン

QRコードを読み取る時に使用します。

◆シェイク

携帯を上下に振って、相手と連絡先交換が出来ます。
また、流れている音楽の情報を知りたい時にも使用できます。

◆トップストーリー

ニュースを閲覧できます。

◆検索

モーメンツ、記事、公式アカウントなど検索できます。

◆近くにいる人

近くにいるWechatユーザーを探す事ができます。
但し相手側がこの機能を承認していない場合、表示されません。

◆ゲーム

wechatゲームをダウンロードしPLAYする事ができます。

◆ミニプログラム

お店などのアカウントが検索できます。

本人ページ

Wechat Pay

◆Wechat Pay登録方法

チャットアイコンをタップし、画面右上の+アイコンをタップします。
下にメニューが出て来ます。一番下の「マネー」アイコンをタップします。

画面が切り替わりますので、「お金を受け取る」をタップします。

「実名認証」というページに切り替わります。
・添加銀行卡(Add New Card)
・中国大陸身分証(Verify China Mainland ID)
中国の銀行カードまたは中国の身分証明書で認証確認を行うのですが、
当然外国人の方は持っていません。
しかし、外国人の場合はクレジットカードで認証確認が可能です。
2019年5月現在、外国人は中国の銀行カードと紐付けしないと使用できなくなりました。
よく変更がかかりますのでいつまで使用できないかは未定。

添加銀行卡をタップします。
カードの追加という画面に切り替わるので16桁のクレジットカードの番号を入力します。

※クレジットカードにより登録できないものもあります。
いくつか試してみましょう。

クレジットカード番号を入力し次へを押すと個人情報を入力する画面に切り替わります。
登録可能な場合、一番上の赤枠の銀行の欄に会社名が自動で表示されます。

クレジットカードの有効期限と裏面に書いてあるセキュリティーコードを入力。

氏名はクレジットカードに記載されているアルファベット氏名を入力。

アドレスのところは、住所です。入力はアルファベットで入力します。

電話番号は最初の0を抜いた番号を入力。

Eメールを入力。(日本国内で使用しているEメール可能)

入力が終われば下に使用許諾の承認という項目があります。
チェックを入れ次へをタップします。

次は支払いパスワードの入力画面になります。6桁の数字を設定します。
このパスワードは忘れると支払いができなくなりますので注意が必要です。

入力後再確認の画面でもう一度6桁のパスワードを入力し次へをタップします。

QRコードが表示されます。このQRコードは自分の受け取り口座の情報です。
このQRコードを読み取ることによって口座に送金したりすることができます。WeChatPayのアカウント設定は以上で完了です。

◆Wechat payチャージ方法

クレジットカード情報を使ってWeChatPayアカウントを作っても、
アカウントを有効化しなければ実際に電子決済を使うことはできません。

アカウントを有効化するためにはチャージが必要です。

WeChatPayのチャージの方法は3つあります。

①  中国の銀行口座からチャージ
②  ポケットチェンジを使ってチャージ
③  WeChatPayを使ってる友人から送金してもらう

※尚、クレジットカードは実名登録の身分証としては使用できますが、
チャージには使用できません。

① の銀行口座からのチャージは中国国内の銀行口座を持っていなければ無理。
② のポケットチェンジは国際空港に置いてある両替機のことで少しややこしい。
③ のアカウントを持っている友人から送金してもらう方法が一番簡単かと思います。

※アカウントを持っている方がいないときは滞在先のホテル受付で現金を渡し
wechatで送金してもらえないか交渉してみましょう。

③の方法としては
先ほどのお金を受け取るの画面(自分のQRコード)の「金額を設定」をタップします。

送金依頼する金額を入力します。

¥マークですが日本円ではなく中国元です。
最初はアカウント有効設定する為だけなので1元で試してみましょう。

QRコードに表示されている金額が指定した金額です。
間違いないか確認しましょう。

QRコードを相手に読み取ってもらいます。
(メール添付も可能です)

相手がコードを読み込み振込があると通知がきます。

送金された1元は自分のウォレットにチャージされています。
本人ページのwechat payをタップし、ウォレットを確認できます。

無事入金されていますね。

注意
WeChatPayを使うには必ず「ネット環境が必要」です。
中国で使用される際は、ポケットWI-Fiの準備を忘れないで下さい。

スポンサーリンク

中国のクレジットカード「銀聯カード」を一枚持っておく事もオススメします。
万が一現地でWechat Payが使用できなくなっても安心です。

スポンサーリンク


 

お気に入り

お気入り保存したデータを見る事ができます。

自分の投稿

自分が投稿したモーメンツを見る事ができます。
またこのページから作成も可能です。
詳しくは上記モーメンツを投稿するの章を参照下さい。

カード&特典

ポイントカードや割引ポイントなど入手したカードや特典を保存している場所です。

ステッカーギャラリー

WeChatの友人との会話で使えるステッカーをダウンロードできます。

設定

◆wechatID

自分のWechatIDが表示されています。

◆電話

自分の電話番号が表示されています。
タップすると「携帯とリンクする」画面に切り替わります。

「携帯連絡先」をタップすると、携帯電話に登録されている相手がWechatを使用している場合友人追加申請が可能です。

「携帯電話を替える」は携帯番号が変わった際、新しい番号を再登録できます。

◆パスワード

ログイン時に必要なパスワードを変更できます。

◆声紋

声紋認証でログインが可能となります。
初期設定では無効になっていますので、使用時は登録から必要です。
「声紋」をタップします。

「作成」をタップします。

緑のアイコンを押しながら数字を読み上げます。
読み上げたら「次へ」と表示されますのでタップします。
再度数字を読み上げる画面が表示されますので、再度読み上げを行います。

声紋が作成されましたと表示されれば、登録完了です。
声紋ログイン機能をONにする場合は下記赤枠箇所をONにします。

◆緊急連絡先

アカウントが凍結した際に友達からヘルプログインをしてもらいアカウントを
復元する事ができます。
登録には、3人の友達が登録が必要です。

◆デバイスの管理

接続先のデバイスが表示されます。
削除した場合、次回ログインする際は身元の確認が必要になります。

◆その他のセキュリティ設定

QQ、Eメール、Face bookとリンク設定ができます。

通知

通知に関する設定を行います。

サイレント

通知を行わない時間を設定できます。夜寝ている時間は通知を行わないなどの設定が可能。

チャット

チャット背景画面など、チャットに関する設定が行えます。

個人情報保護

相手が側が自分を検索できなくする、ブロック、モーメンツの設定などが行えます。

全般

言語設定、フォント設定など設定が行えます。

まとめ

以上がWechatの使用方法となっています。
冒頭でもお伝えした通り、中国ではLINEなどは使用できないので
中国滞在者への連絡や中国旅行、出張はWechatを使用する事をオススメします。

また中国ではWechat Payでの精算が一般的になっていますので
Wechat Payの登録もしておく方がいいと思います。

以上、「WeChat(微信)使用方法。これであなたも完全マスター。」でした。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

ではこれにて。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)