買い物

中国のコンビニで1000円分買い物してみた。えっ?これで1000円?

いらっしゃいませ。
HEMULEです。
今回は中国のコンビニで1000円分買い物をしたらどれだけ買えるのか検証して
みました。
日本で1000円分の買い物ならそれなりに色々と買えますよね。

はたして、中国ではどうなのか。
意外な結果となっています。

条件及び店内紹介

条件

今回の検証の条件を下記とする。

・Family Martにて買い物をする

・日本円計算で1000円分買い物をする

・対象商品は飲み物、食べ物に限る

店内

外観及び店内レイアウトはさほど日本のコンビニと変わらないですが、
日本程大きくはありません。
また、中国では駐車場はありません


外観はほぼ同じですね。
Family Martは中国では『全家チュエンジャ-』と言い意味は家族です。


外から覗いた感じ、さほど違和感が無いとと思います。
では、店内を見て回りましょう。


入って正面にパンコーナーがありました。
日本でも見た事がある食パンが売っていますね。
個人的にはこのレイアウトは不満です。笑

なぜなら、日差しがモロに当たる所にパンコーナーが設置されているからです。
クリーム系やチョコ系、卵系に日差しを与えないで欲しい。


こちらもパンコーナーですが、写真左側下段に
んんっ???と思う物が置かれています。
パンと一緒に置くなよ・・・
その辺は気にしないのですね。中国。

さて続いてはこちら

生活用品コーナーです。
日本の商品も置かれていますが、価格は日本の2倍以上します。
画像に写っているPITTAのマスクはなんと日本の3倍の価格です。


食品系のコーナーです。
このコーナーで私は偶にスイーツを買います。

お寿司も置いてあります。がさすがに中国のコンビニで買ってまで食べたいとは
思わないですが。

さて続いてはお菓子コーナーです。


日本のお菓子が沢山ありますね。
日本のお菓子は中国でとても人気があります。
私も買いたいのですが、日本の2倍程する価格ではさすがに手が出せない。

続いてはドリンクコーナーです。



飲み物はさすが常に水分を飲んでいる中国。
品数は豊富です。
私もよく、水、牛乳を買っています。

お酒もそれなりの置いてあります。

さて最後は、レジカウンターの所ですね。


肉まんやおでんが売られています。
この肉まん系は間違いなく日本より美味しいです。
そしてレジのすぐ傍にはまたしても、


いや、これ置き過ぎでしょう。
子供たちもこれ何って言うでしょう。道具まで置いているし。

この様に中国のコンビニはレイアウトがハチャメチャな感じとなっています。

スポンサーリンク

検証

では、検証開始です。

今回、1000円分で買えた品々はこちらです。
まずは飲み物から。

・水2本
・コーヒー1杯
・牛乳1本

続いて食べ物

・ポッキー1箱
・サラダチキン1個
・おにぎり1個
・コロロ1個

1000円で以上の品々が買えました。
金額は以下の通りです。

32円×2本=64円
コーヒー 160円
牛乳 250円
ポッキー 108円
おにぎり 52円
サラダチキン 144円
コロロ 160円
938円

いかがでしょうか。
日本より単価が安い品もありますが、逆に高い品もありますね。

検証結果

日本と殆ど変わらない。

まとめ

まとめると、

まとめ

・中国のコンビニで1000円分の買い物は日本と変わらない。
・レイアウトが良くない。
・飲料が多い。
・逆にお菓子が少ない。
・中国が安いというのは過去の話。

 

いかがでしたでしょうか。
1000円あれば、わりと沢山買えるのでは?と思われていた方が
多かったのではないでしょうか。
実際は日本と変わらないのが今の中国です。
これからもどんどん物価は上がっていくと思われます。

以上、『中国のコンビニで1000円分買い物してみた。えっ?これで1000円?』でした
最後まで読んで頂きありがとうございました。
では、これにて。

中国での物価あれこれ。スタバや食事、買い物のお値段!どうもHEMULEです。 中国と日本文化も違えば、物価も違う。 皆さんどうでしょう?中国は安いイメージがありますか? ...

 

今回の記事がよかったら『いいね』『シェア』をお願い致します。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)