小ネタ

中国の十二支は日本と違う!?世界でみればもっと違う!?世界十二支比較。

いらっしゃいませ。
HEMULEです。
さて、今回は十二支に関してご紹介します。

年末年始になってくると来年は○○年だ、今年は○○年なのでといった話題が
出て来ますね。
また猪年生まれだから〇○だ!といった十二支による性格判断といったものもありますね。
参考とされているのは下記内容からでしょう。

■子:子宝の象徴・子孫繁栄
■丑:力強さの象徴、粘り強さ、誠実さ
■寅:勇猛果、断力や才覚
■卯:安全の象徴、飛躍、向上
■辰:権力の象徴
■巳:永遠や生命、再生の象徴
■午:健康や豊作を象徴する
■未:家族安泰の象徴
■申:賢者を象徴する
■酉:商売繁盛の象徴
■戌:忠義の象徴
■亥:無病息災を象徴、一途で情熱的

しかしこの十二支、実は世界によって違うのです。
となると、〇○年生まれはこうだ!といった謎の固定観念も崩れ去りそうな気がします。
では、実際中国の十二支、世界の十二支は日本とどう違うのかご紹介していきます。

十二支

十二支は上でも記したように「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の
12種類からなっています。
十二支は戦国時代に作られた陰陽五行説よりもはるかに古い起源をもっています。
もともと十二支は、十二年で天を一周する木星の位置を示すための数詞でした。
つまり十二支は「年」を数える数詞だったというわけです。
後には「月」や「時」を数える数詞などにも用いられていきます。

少し話は脱線しますが、この十二支の順番にも逸話があります。

神様の御触れ

昔々、神様が動物たちに
「元日の朝、私のところへ出向きなさい。
最初に到着したものから12番目のものまでを、1年交代でその年の大将にする」と御触れを出したそうな。

動物たちは、我こそが1番にと奮闘しました。

しかしあろうことかネコは話を聞き漏らしネズミにたずねました。
するとネズミは1日遅れの日付を教え、ネコはそれを真に受けて帰っていきました。

元日となり、足の遅いウシが誰よりも早く出発すると、牛小屋の天井でこれを見ていたネズミがバレない様にウシの背中に飛び乗りました。

そんなこととは知らないウシが神様の家に行ってみると、夜明け前でまだ誰も来ておらず門も閉まったままでした。

我こそが最初の到着者だとウシは喜び、門が開くのを待っていました。

やがて日が昇って門が開いたとたん、ウシの背中からネズミが飛び降り、ネズミが1番になってしまいました。

残念ながらウシは2番となり、それからトラ、ウサギ、タツ、ヘビ、ウマ、ヒツジ、サル、トリ、イヌ、イノシシの順で到着しました。

1日遅れで出掛けたネコは番外となり、それ以来ネズミを恨んで追いまわすようになりましたとさ。

確かに十二支に猫が入っていないのは気になっていました。
しかし、日本では猫は入っていませんが外国ではどうでしょうか。
十二支の発祥、中国や他国の十二支を確認してみましょう。

 

中国の十二支

上の画像でも分かる様に、中国では日本の猪に当たる年が豚になります。
ただ中国語で豚は猪と書きます。少しややこしいですね。

その他外国の十二支

各国において、微妙に十二支が違います。

猪は日本だけで、あとは全部豚ですね。
ワニ、鯨、魚がある国もありますね。確かに空想上の龍よりか現実的かと思います。
人間の考える事は面白いですね。

いかがでしたでしょうか。
以上、『中国の十二支は日本と違う!?世界でみればもっと違う!?世界十二支比較』でした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
では、これにて。

今回の記事がよかったら『いいね』『シェア』をお願い致します。

スポンサーリンク

こちらのランキングボタンもクリックお願いします。

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)