赴任・留学・居住

中国赴任、中国留学、居住を予定の方へ。ためになる8つの情報+1。

いらっしゃいませ、HEMULEです。
今回は今後中国赴任や、留学、中国居住を予定されている方必見の現地情報を
お届けします。

私は2017年から(2018年11月現在)赴任として中国に住んでいます。
私も中国に行く前は中国の情報と言ったら、TVからの情報しかなく
実際何が必要でどんな所なのか分からない不安を抱えていました。

実際中国での経験を積んで住んでいる私からの情報があれば、
きっと中国行きを予定されている方の不安も少しは解消されるかなと思います。
私は今となっては1人で中国のあらゆる所に旅行に行ける程、中国人化しました。

今回絞りに絞りテーマを8つ+1としました。
これだけでも充分不安は解消されると思います。

それ以上に質問等がありましたら、コメントまたはツイッターDMで連絡いただければ回答致します。では、ご紹介していきましょう。

テーマ

①食事 中国の料理は?衛生面は?日本料理はあるの?
②物価 日本に比べ物価はどうなの?
③中国語 中国語が分からないけど大丈夫?日本語英語は通じるの?
④環境 PM2.5はどうなの?水は大丈夫?
⑤必要品 日本から持って行った方がいい物は?
⑥文化、マナー 中国の文化、マナーは実際どうなの?
⑦ネット環境 規制が厳しいと聞くけど実際どなの?
⑧交通 交通手段や交通ルールはどうなの?
+1注意点 現地にて注意する事は?など

スポンサーリンク

食事

食事に関しては、こればかりは個人の合う合わないによります。
私の場合は日本食より中華料理の方が好きです。
中華料理に必ずといっていいほど入っているのが

・ニンニク
・八角

です。

こちらが無理な場合は、中国での食事は少し厳しいですね。
入っていない物を選んで食べましょう。
中華料理でも甘いものから辛いものまで品数は未知数です。
辛い料理代表格の四川料理は痺れる様な辛さです。

反対に上海近郊の料理は少し甘い料理となっています。

その他にも少し塩辛い新疆料理などもあります。

まだまだ、北京料理や湖南料理、東北料理数えればキリがないですが沢山あります。
自分に合った料理を探してください。
日本食もありますので、ご心配なく。

また日本食の店では日本語を話せる人がいたり勉強中の人が働いたりしています。
もしかしたら、素敵な出会いがあるかもしれないですね。

物価

物価に関しては、日本と違い住む場所によって大きく変わります。
例えば、コーラ。
商業都市上海や北京といったところでは、170円くらいです。
それが、田舎の方になると80円程です。

レストランでの食事に関して言えば、日本と同等と思っていただけたらいいと思います。
家賃にしても同様、商業都市などは1ルームでも10万円程します。
これが、商業都市外になると、5万円程

しかし、中国の一般収入は約110,000円
日本の1/3程と言われています。
そう考えると、中国の人からすると物価はかなり高いと感じますよね。

日本で言えば、単純計算で30万の家賃という事。
節約を考えるなら、商業都市から少しだけ離れた地がオススメです。
私は上海から一駅の隣街に住んでいますが、上海の価格の1/2程です。

中国での物価あれこれ。スタバや食事、買い物のお値段!どうもHEMULEです。 中国と日本文化も違えば、物価も違う。 皆さんどうでしょう?中国は安いイメージがありますか? ...

 

中国語

中国に住むからには中国語が話せる事が必須になります。
それは、仕事、プライベートにおいてもそうです。
話せると話せないでは、全然内容が変わってきます。

話せる場合

・1人で旅行や買い物、食事に行ける。

・中国人の友達や恋人が出来る。

・仕事の意思疎通に誤解が生じない。

・中国が楽しくなる。

 

話せない場合

・1人で行動ができない。

・友達も出来ず、部屋に引きこもりになる。

・仕事においては誤解はがりが生じる。

・ホームシックになる。

・緊急時の電話が出来ない。

といったところです。

では、私は中国に来たばかりの頃どうだったのか?
それは、完全に後者の『話せない』でした。
つまり、私の経験全て上記の『話せない場合』に該当していました。

あれから一年、中国が話せる様になったのかと言いますとまだまだです。
私生活においては支障無いレベルまで中国語を話せる聞けるレベルまでに達しましたが
仕事となっては、専門用語も飛び交うのでまだまだサッパリです。

しかし!!私生活、仕事においても、あるアイテムを使用する様になってから
大きく変わりました。

それは電子辞書です。
翻訳アプリがある今、電子辞書?と思われるかもしれませんが、
はっきり言います!

翻訳アプリはその場限りの翻訳であり、頭に残る事はありません。
ある意味逃げなので覚えようという気持ちもそこにありません。

しかもいくつもの翻訳アプリを使用していましたが
中国語⇔日本語となると、意味の分からない翻訳になる事がよくあります。
その点、電子辞書は文章の翻訳こそはできないですが間違った情報は載っていません。

自分で単語を調べ、それを文章にあてはめて、中国語を話す。
これをする事により、不思議と中国語を覚えていきます。

これをする様になったのが、中国に来て3ヵ月目でした。
その頃から私の生活は変わり始めました。
少しづつ覚えてきた中国語と、頼もしい電子辞書があるから

次第と不安も解消され、1人旅行、食事、タクシー買い物といった行動をする様になってきました。

一年経った今では何の不安もなく過ごせています。
赴任時には、是非ともお供させたいアイテムです。
因みに私が使用している電子辞書はこれです。


カシオ 電子辞書 エクスワード 中国語モデル XD-Y7300WE ホワイト コンテンツ100

特に不具合もなく、また軽いので外出時にも持ち運びが楽です。

環境

中国といえば、PM2.5を想像されると思います。
そもそもPM2.5とは何なのか。
工場や車、船、航空機などから排出される大気汚染の原因となる髪の毛の太さの
1/30程度の微小粒子状物質です。

粒径は2.5マイクロメートル。※1マイクロメートル=1mmの1000分の1
人体への影響としては、
肺の奥まで入り込み、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や
循環器系疾患などのリスクを上昇させる傾向があります。

また呼吸器系や循環器系の病気の人や、お年寄りや子どもなどは影響を受けやすく
注意が必要です。

マスクにて対策をされるのが一般的ですが、花粉より小さい粒子ですので
PM2.5対応のマスクを使用してください。
普通のマスクでは吸込んでしまいます。


アラクス PITTA MASK アラクス PITTA MASK2.5a 5枚入り レギュラーサイズ10個セット

で、2018年現在の状況ですが一時期毎日の様に日本で騒いでいた事が嘘の様に
青空が広がっています。

政府が、工場停止期間を設けたり、各企業が安全環境に力を入れて来ています。

しかし・・・

たまにPM2.5が急に発生したりします。
その際は、マスクで対応して下さい。
また気を付けないといけいないのが『』です。
市販のミネラルウォーターは問題ないのでそのまま飲んでも大丈夫ですが
水道水は飲まないで下さい

現地の人も飲まないので、きっとお腹壊します。
また、屋台などの果物や氷は水道水を使って洗ったり、凍らせたりしている可能性も
あるので注意してください。

私はお米を炊く時もミネラルウォーターを使用しています。

必需品

日本から持っていった方がいいものを紹介します。

  1. 電子辞書
  2. マスク
  3. レトルト食品
  4. 化粧品
  5. 調味料
  6. シャンプー
  7. 歯ブラシ・歯磨き粉
  8. 銀聯クレジットカード
  9. 変圧器
  10. インスタントコーヒー

まず、先ほども紹介した電子辞書とマスクは要ります。
理由はもうお分かりですね。
レトルト食品は毎日中華ばかり食べていると、日本のカレーや牛丼といった物が
恋しくなります。あると救われます。

化粧品に関しては、中国は非常に高いです。
日本の倍以上と思っていただけたらいいです。
私の場合、乾燥肌なので化粧水と乳液を日本で買って持っていきます。

調味料に関しては、中国でも日本の調味料は輸入スーパーに行けば買う事ができますが
こちらも倍以上の価格しますので持っていくのが無難です。

シャンプーに関しては、個人的に中国のシャンプーが合わない。
どうも髪が硬くなる感じがします。
よって私は日本から持っていきます。

歯ブラシ・歯磨き粉は必ず持ってきた方がいいです。
まず中国の歯ブラシはブラシが頼りなく、磨けているのか?と感じます。
歯磨き粉に関しては不味いです。笑

銀聯クレジットカードに関してですが、中国では外国のクレジットカードが
使えない事が多いです。(VISA、JCB・・・)
そんな時用に、銀聯のクレジットカードを一枚持っておいた方がいいです。
私も一枚日本で作り、中国で使用しています。

Trip.Comは中国にいれば、ホテル、新幹線、飛行機予約に
非常によく使用する予約APPです。
こちらのカードで支払いポイントを貯めましょう。

そして、変圧器は要りますね。
中国は220Vなので、日本製を使用する際に変換が必要です。
アマゾンで購入可能です。
私が使用しているのは、こちらです。

海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V 変換 並行輸入品

インスタントコーヒーに関しては、中国のコーヒーは全て甘いです。
ブラック好きな方は持っていきましょう。

文化・マナー

マナーに関してはTV等で程報道されているイメージでさほど違いはありません。
但しそれは、40代以上の方に多く見られ、若者に関してはそうではありません。
若者のマナーに関しては日本とそう変わらないのではないでしょうか。

但し、中国人は謝る事はしないです。それを覚えておいてくださいね。
もし現地で言い合いになって向こう側に比があったとしても謝らないと言う事を忘れずに。40代以上の方は日本人の感覚からすると酷いですね。

エレベーターの中でタバコ吸ったり、中で唾を吐いたり、中でペットの糞をさせて
そのままとか。

最も酷い光景は、ショッピングモールのゴミ箱に用をたすおっさんがいた事かな。
公共の乗り物でも大声で電話、並んでいる列に並ばず割り込むなどは当たり前。
それが、中国の文化でもあるのでしょうけど。

ただ、今の若者がそうではないので近い内に中国も変わると思います。
因みに中国では食事を残すのがマナーと言うのを聞いた事があるかもしれませんが
最近では残す事は勿体無い論が芽生え、持ち帰りなどされています。

私もこちらに来て一年以上経っていますが、未だに毎日イライラする事があります。
注意してほしいのは、
日本の文化マナーが当たり前ではなく、ここは中国なので中国の文化マナーが
あるという事。
そこに自分がいるという事。『郷に入れば郷に従え』です。

ネット環境

TV等で報道されている通り、中国で他国のサイトに繋げる事はできません。
つまり、google、Yahoo、LINEなどを使用する事ができません。
その対応策として、VPNを使用します。

VPNを使用すれば、中国にいながら他国のサーバーに繋ぎそのサーバーから
サイトに繋ぐので、上記の問題が解消されます。
これは、必ず使用しましょう。



詳しくはこちらの記事にも記載しています。

中国で旅行するならこの3つのアプリ!厳選紹介!中国赴任予定者は必見です。』

交通

はっきり言って、ルールあって無い様なものです。
我が我がスタイルなので、譲り合うなんて事は皆無です。
また、人が優先ではなく車優先スタイルなので、容赦なく突っ込んできます
気を付けてください。

現地で注意する事

  1. 詐欺、ぼったくりに注意して下さい。
  2. 日本語が話せる中国人を携帯電話に登録しておきましょう。
  3. 詐欺写真に注意して下さい。笑

観光地などには、詐欺やぼったくり、スリが多発します。
これだけ中国人がいる中で、日本人を選んでカタコトの日本語で話しかけてくる事自体が
おかしいと思って下さい。

中国で詐欺、ぼったくり、スリに注意しよう!!どうも、HEMULEです。 日本と違い、海外に出れば詐欺やぼったくり、スリなどは 当たり前の様にあります。 私自身も中...

万が一事故や急病になった時、中国語が話せないと困りますよね。
そんな時の為にも、日本語が話せる中国人を携帯に最低2人は登録しておきましょう。

SNSの写真と本物は別人だと思って下さい。
詐欺写ではなく、本当に別人です。笑い

まとめ

長々と書いてしまいましたが、如何でしたでしょうか。
一番大事な事は『郷に入れば郷に従え』だと思います。
ここは日本ではないことを忘れずに。
『住めば都』です。すぐに慣れます。
そうすれば間違いなく楽しい生活が待っています。

以上、『中国赴任、中国留学、居住を予定の方へ。ためになる8つの情報+1。』でした。最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
では、これにて。



 

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)