旅行

テーマは禅!中国拈花湾。日本であまり知られていないオススメ観光スポット。

どうもHEMULEです。

中国の無錫(无锡ウーシー)という場所をご存知でしょうか。

日本ではあまり知られていないと思いますが、上海から車で2時間程の距離に

その街はあります。

観光地も沢山あり、三国志『呉』の発祥地で三国城があり

水滸伝の撮影地(テーマパーク)があります。

また、高さ88mを誇る大仏、霊山大仏があったり、

琵琶湖の3.4倍もある太湖なんかもとても有名です。

また無錫で名物といえば

『無錫小包』(上海小包と並んで中国で有名)

無錫排骨』(豚の骨付き肉を甘く煮込んだ料理)

銀魚卵炒め』(太湖で獲れる白魚)

があります。訪れた際は、是非ご賞味ください。

そんな無錫ですが、今回私が紹介するのは

拈花湾』という観光地。

ここの何が良いかと言いますと、禅がテーマとされており心がとても癒されるそんな

雰囲気をもたらす場所なんです。

なんとなく日本にいるようなそんな気分にもなります。どこかで見た様な。

それもそのはず、仏教を全面に表現しているこの場所は飛鳥文化だったのです。

つまり、飛鳥時代の日本つまり奈良と似ているのです。

こればかりは中国が本家ですが。笑

では、紹介していきます。

拈花湾(昼)

そこは、山の中にありました。

山の中だけあり空気がとても綺麗なところです。

チケットを購入し120元(2000円程)いざ入口へ。

入口を目指す道中に見事な庭園がありました。

山から山水も流れて来ており、自然を感じます。

拈花湾に入る前に自然を存分に楽しみました。

入口に到着しました。

その先には、まさに昔の奈良の都の様な、ここから先は時代が違う様な、

そんな光景が見えています。

では、中に入って行きましょう。

マップはこんな感じです。そこまで大きな所ではないのですね。

せっかくなので、メイン通りで記念撮影。

メイン通りには食事やお土産屋さんがずっと途切れる事なくあります。

この人形は代表的なお土産で泥人形と呼ばれる恵山泥人

その他にも紫砂の急須が有名です。

この通りは奈良というか、京都の感じがとてもします。私は京都出身なので

どこか懐かしさを感じます。

この辺は中国っぽいですね。何の広場なのでしょうか。

こちらは、お茶屋さん。建物一つ一つ風情をかもし出していてどのポイントで

写真を撮っても画が映えます。

街を歩いて感じたのですが、緑が多いです。

これなんか、壁全部が緑でしたし。笑

建物の中に入ると、仏教感漂う作りとなっていました。

真ん中まで来ると大きな蓮の花があり、夜はここでライトアップショーが行われます。

建物の離れには、梵天花海という場所があり、一面に広がる花が咲いています。

そうこうしている内に、日が沈んできました。

では、夜の拈花湾を見ていきましょう。

拈花湾(夜)

すっかり日が暮れたので、建物がライトアップされ昼とは違う顔になっているとの事で

昼に通ったメインストリートに戻ってみました。

お見事です。綺麗すぎます。

とにかく中国はライトアップが好きですね。

蓮の花も妖艶に輝いていました。

蓮の葉を持った人達によるショーが始まりました。

あるもの全てにライトアップです。

帰りの道中で昼に何の広場なのか分からなかったところで

塾?の様な事が行われていました。

学習の広場だったのですね。

夜は夜で神秘的な景色を楽しめました。

スポンサーリンク

観光オススメ時期・観光所要時間

観光時期は花木が綺麗な春、秋がオススメです。

観光に関しては余り広くないので、4時間程もあれば十分だと思います。

オススメは15時くらいに来て、昼の雰囲気を楽しみその後、夜の雰囲気を楽しむのが

いいと思います。

尚、宿泊施設も多数ありますのでこちらで宿泊してから帰るのも

いいのではないでしょうか。

代表的なホテルが『無錫霊山小鎮拈花湾霊山君来波羅蜜多酒店』

御経の様な名前ですが、このあたりで一番有名なホテルです。

コロシアムの様な形をしたホテルで、エントランスにはここにも蓮の花がありますね。

なかなか週末は予約が取り難いですが、空きがあれば泊まってみてはいかがでしょうか。

予約はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク


アクセス

上海からは車で2時間程です。

電車とバスでの案内をします。

上海(虹橋も可能)駅ー無錫東駅(30分)→

地下鉄2号線無錫東駅ー栄巷駅4番出口(40分)→

→89番バス公益路(梁渓路)バス停ー古竹バス停(40分)→

→タクシ(5分)で拈花湾へ。

個人旅行で行くには少しハードルが高いかもしれません。

ツアーなどを利用するのもいいかと思います。

 

まとめ

・無錫に行けば、小籠包、無錫排骨、銀魚卵炒めを食べましょう。
・拈花湾の観光は春、秋がおすすめ。
・観光所要時間は4時間程。15時くらいから行き、昼夜楽しみましょう。

 

以上、『テーマは禅!中国拈花湾。日本であまり知られていないオススメ観光スポット。』

でした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

では、これにて。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)