上海

潜入!!中国上海巨大コピー商品ショッピングモールをレポートせよ!

いらっしゃいませ。
HEMULEです。

今回はタイトルの通り、上海にある巨大コピー商品ショピングモールに関して、ご紹介します。

中国といえば、コピー商品が有名ですが
はたしてその品質や、価格などはいか程なのか。
気になる答えは、この記事を読んで頂ければ明らかになると思います。

中国語が話せなくても大丈夫です。店員さん日本語けっこう話します。

2019年5月追記
店舗取り締まりが厳しくなってきている様でこの記事を読まれている時
どの様な状態になっているか分かりません。商品、店舗減少の可能性はあります。

アクセス

地下鉄2号線上海科技館駅改札出口直ぐに、そのモールはあります。(地下にあります)A.P.PLAZAという名前のモールです。

迷う事はありません。ほんと改札出て直ぐにあります。
East館West館みたいな感じでエリアが分かれています。

特に種類別で分かれているわけではありません。

スポンサーリンク

商品紹介

では、早速中に入ってみましょう。
入口に来ると、鴨がネギを背負って来たが如く客引きが声をかけて来ます。
余りにも広いので、商品を探すのが面倒なら同行させてもいいです。

見たい商品の店に案内してくれます。

値段交渉も手助けしてくれます。多分紹介料が入っているんでしょうけど。
対応が面倒で、自分たちだけで見たい場合は『不要ブヤオ』と言って断ればいいです。
まぁ、それでも付いてきますけどね。
その場合は無視しておいたらいいです。

中に入るとこんな感じでズラリと店が並んでいます。
因みに右側にいるグレーの服の人は客引きです。
ずっと断っていましたがずっと付いて来てました。

あげくの果てには、写真の通り私を追い越して歩く様になりました。笑
商品としては、
ブランド服、時計、鞄、財布、靴、帽子、下着、サングラス、スポーツウェアー
身に付けるものなら全てあります。

その他お土産グッズ、スピーカー、ヘッドフォンなどまでもコピー商品があります。
ではいくつか店レポートを書いていきましょう。

 

腕時計 コピーレベル

店舗を見渡してもコピーの定番とも言える腕時計が見当たりません。
確認してみると、「こっちに付いて来い」と言われたので付いて行ってみると
まるで忍者屋敷の様な隠し扉があり、その扉の向こうに隠し部屋がありました。

他の店舗も同様に、隠し扉がありました。
どうやら、腕時計だけは表に出せない様子です。
隠し部屋はまるで、ルパン3世でよくルパン一味が盗みに入る宝石などが保管されている
部屋の様でした。

一面に腕時計がありました。

どこかで見た事がある、聞いた事があるブランド名の腕時計がズラリ。
素人の私からみれば、何が違うのか分からないです。

知っている情報では、コピー品は軽い、硝子盤が安っぽいとの事でしたので
確認すると、重いし、ガラス盤も私が持っている時計と変わらないので
はっきり言って素人目では分からないです。

若しくは私が日本で買った時計がコピーなのか・・・笑

しかし、私が持っている時計のコピーもありましたのでよくよく確認すると
微妙にデザインが違う。
これは、完全コピー品では無い事をアピールする為か??

値段を確認してみると、時計によって値段はまちまちでした。
そこから交渉してみると、初めの言い値の1/4程になりました。
他の時計でも私は全く折れる事なく交渉してみると
同じく1/4程になりました。

他の腕時計屋でも同様だったので
おそらく腕時計に関しては言い値の1/4程度が相場なのだと思います。
代表的な品で例を上げると、タグホイヤーカレラに似ているものが
言い値20,000円でしたが私が全く買うそぶりも見せず高すぎると言い続けたら
最終5,000円までになりました。

また今度ね!と言って退出。

喧嘩になる可能性があるので最終自分の言う価格になってもやっぱり要らない
なんて
事はやめましょう。私が去る時店主怒っていたので。笑

しかしこの価格でこのクオリティー、恐るべし。
ここまでコピーできるならオリジナルブランド作って勝負しようよ。と感じました。

 

靴 コピーレベル

続いては靴のコピー品をチェック。
こちらは秘密の部屋では無く、普通に店内で販売されています。
スニーカーから革靴まで何でもあります。

こちらでも、どこかで見た事がある、聞いた事があるブランド名の靴がズラリ。
品質、価格チェック開始。

しかし私が履いているアディダスのスタンスミスに似た物が無かったので
確認してみるとハシゴ上って屋根裏部屋のような所に店員が行きました。
上の写真の2枚目の天井の穴がその部屋です。

そこから、私が履いている物と何が違うの全く分からない、
履き心地も同じ似た靴を持ってきました。

デザインもよくよく見比べても分からない。
私の靴もコピー品???と不安になる程です。
これは、デザイン、品質においても完全コピーだと思います。

価格を確認すると、13,600円と言ってきましたので交渉開始。
最終3,200円になりました。
他店舗でも違う靴で交渉しても言い値の1/4程になったので
やはり靴においても、言い値の1/4が相場かと思われます

スポンサーリンク


服 コピーレベル

さて続いては服です。
こちらも店内で販売されています。
服に関しては私ある程度知識があります。

見極めてやるよ。

こちらでも、どこかで見た事がある、聞いた事がある世界的有名ブランドがズラリ。
殆ど見分けが付かないものもあれば、
明らかに、こんなデザインは無い(断言します)という物までありました。

よく言われている事で
服のコピー品の品質は生地に関しては、ほぼ再現されていますが
ファスナーの動きが悪かったりボタンの取り付けがあまい物が多いのです。

今回チェックしてみるとその通り、ファスナーの動きが悪かったです。
『ここがミソなんだよ。ここが匠なんだよ。世界なめんなよ!』
と言ってやりたい気分でした。

価格に関しては言い値の1/2といったところでしょうか。
写真にあるAPEに似たTシャツで3,000円から最終1,500円。
カナダグースに似たコートが20,000円から最終8,000円でした。

スポンサーリンク

 

鞄 コピーレベル 

こちらも店内で販売されています。

鞄に関しては知識が無さ過ぎて分からないのです。

すいません。

但し、私がもっている牛革製財布とよく似たものがあったので確認してみると
コピー品は柔らかいです。おそらく本革ではないのでしょう。

しかしながら、財布内面の分かりにくい所にコード刺繍されて入っているのですが
そんな細部もコピーされていました。
価格に関しては写真にあるトゥミに似ている鞄で6,000円が最終3,000円でしたので
言い値の1/2程が相場だと思います。

その他 コピーレベル

その他にも、下着やヘッドフォン、サングラス、お土産グッズのコピー品まであります。

空港でよく見るパンダグッズです。

下着も多数ありました。350円程でした。

スピーカーやヘッドフォンこんなものまでコピーしています。

有名サングラスもズラリとあります。

店内はざっとこんな感じで、似た様な店が沢山あります。

 

まとめ

以上がコピーモールの全容です。

まとめ

・まず大前提としてコピー品を買って持って帰る事は犯罪です。
・店内中国語か話せなくても大丈夫です。
・客引きが多いので邪魔なら無視して結構です。
・値段交渉は必ず行いましょう。
・値段交渉して最終値が成立して買わないとかは相手が怒ります。笑
・品質はもはやコピーのレベルを超えています。
・価格は店員の言い値の1/2から1/4程です。

いかがでしたでしょうか。

以上、『潜入!!中国上海巨大コピー商品ショッピングモールをレポートせよ!』でした。上海をもっと知りたい方は、別記事の上海旅行案内もご覧下さい。

週末に上海旅行に行こう!おすすめモデルコース。どうもHEMULEです。 私は上海から高鉄で1駅の街に住んでいるのですが、友達が日本から中国に 遊びに来てくれる事がたまにありま...

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。
では、これにて。



 

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
hemule
中国で生活している私から中国に関するあれこれ紹介。 旅行、食事、商品、文化など最新情報をお届けします。 質問も気軽にどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. Sarah より:

    少し勘違いされているようですが、自分で使用する目的で購入した場合犯罪にはなりませんよ。

    • hemule より:

      えっ?個人的使用目的でも日本は海外から持ち込みに対して刑罰があるでしょ?
      コピー商品と分かっていて持ち込んだ場合。
      違ったらすいません

  2. より:

    コピー品を転売、販売することは違法ですが、自分用に使用する際は罪にならないとどこかで聞いたことがあります。著作権が登録されたロゴやデザインの場合は、その会社以外が制作すると違法だけど、登録されてないものは合法。商品の型は製造する中国工場に製造する権利があるんだとか聞いたことあります。でもちゃんと弁護士の方に聞いたわけではないので正確な情報はわかりません、、

    • hemule より:

      そうなんですね。
      教えていただきありがとうございます。

      どこかで個人的使用目的でも日本は海外から持ち込みに対して刑罰があると聞いていて
      空港でもそんな案内をよく見ていた気がするので。
      勘違いでした。
      訂正しておきますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)